なかなかパートナーに恵まれない人の改善点とは

セラピストゆうこです。


今朝はミンミンゼミがミンミンすごくてたたき起こされた感じです。


だから目覚めがすっきりしない(笑)


って、お友達にメールしたら、こんな素敵な返信がありました^^

 

Mean mean

夏を 命を 問いかける

Mean mean


あは♡感動♬



さてさて。


なかなか結婚出来ない人や、あるいは恋人がいない人っていますよね。


美男美女だし仕事も出来るし、それほど変な人ってほどでもない。


「でも全然ご縁がないんですよねー」って言う。


で、そういった方々をウォッチしてみるとですね、ざっくりとした共通点がありました。


それは、理解しにくい、されにくい、そして相手のことを理解したつもりでも相手がそう感じていないというような言動や態度がどこかしらにある、ってことでした。


相手にとってみれば、なんだか自分が受け入れられていないように感じてしまう言葉や態度が多い気がするのかもしれません。


たとえば私が何か意見を述べたとします。


それに対して、即座に「それってさー、ちょっと違うんじゃないかな」と切り返してくる。


小心者の私は「うっ」ってなって、そ、そーなんだー、あたし間違えてるんだ。。。。と少し恥ずかしくなって小さくなってしまうのです。


たとえそれが相手のほうがそのことに詳しい人であったとしても、いきなり切り返されるとこちらは身を守ろうとして身構えてしまうんですね。


じゃ、どういう対応がいいのか、というと。


やっぱり、一度は「そっか、そうなんだねー。なるほどね~」って受け止めてあげる。


共感、ってやつですね。


同情ではない共感力、って実はとっても大切。


「いやいや、そうは言うけど、共感出来ないのに無理には共感したフリはできないよ」って言うかもしれません。


ってことは、もともと共感スキルが低いというか、感度がちょっ鈍いのかもしれませんね。


でも相手の話は一旦、「そっか、そんな風に思っているんだね。」って受け止めるところから始めたらいいんじゃないでしょうか。



あとは、自分の中でルールが多いとなかなかそれに当てはまる人が現れないですよね。


「こうあるべき」「こうでなければならない」というものの真実というか正体を知る必要があります。


なーんだ、別にどうでもいいことにこだわってたんだなーって思えたら、だんだんと許せることが増えていきます。


本当にパートナーと巡り会いたければ、共感力を磨くこと。


そしてその共感力を使って、相手をまずは理解すること。


とことん理解しようとする姿勢が相手に伝われば、頑固なあなたのこだわりですら受け入れてくれる素敵な相手が見つかりますよ^^


ちなみに私の場合、お相手はかなり「ワールド」を持っている人なので、その世界観をとにかく尊重して大事にしています。


そうなんだ~。うんうん。そうだよね。私にはちょっと難しいけど、でも素敵だと思う。っていつも共感しています。


そうするとね、私の世界観も大事にしてもらえるんですよ^^


恋人が欲しいけどなかなかそういう関係にならない、というあなたは、ご自分の口癖を振り返ってみるといいですよ^^


いきなり「それってさー」って切り込んでませんか?


相手を理解するってほんと大切です。



恋愛カウンセリングも好評ですよ♬


お待ちしていますね!