サイト開設しました!

最終更新: 2019年7月21日

ソウルコミュニケーション 心理セラピスト はらゆうこです。

HPをオープンしました。

今現在、セッションは、小田急線相模大野駅徒歩8分の大槻ホリスティック内にて行っております。

そして、自身のサロンはただいま準備中。

というわけで、ご予約の際に、大槻ホリスティックの詳細な場所はご案内しますね。


こちらのブログでは、セッションのご案内や最新のセラピー情報などを発信していきますね。


まずは少し、自己紹介から。

セラピストとしての学びは、大槻ホリスティック 大槻麻衣子院長のスクールにてスタート。

IHF国際催眠連盟認定クリニカルヒプノセラピスト

大槻ホリスティック 心理カウンセリング講座修了

大槻ホリスティック リーディング&ヒーリング講座修了

コネクションプラクティス つながりのプロセス修了

臼井式レイキヒーリング マスターディグリー修了


どうして癒しの仕事を志したのかというと。


子供の頃、私は母に褒められた記憶が全くと言っていいほどありませんでした。

そのせいか、認知の欲求が異様に強く、学校で友達にウソをついてまで自分をよく見せようとする子に。

当然、そんな私が好かれるはずもなく。

そして6年生のある日、突然クラス全員から無視されるようになりました。

それは高校を卒業するまで断続的に続きました。

後々、近所に住む幼馴染が自分の親から私と比較されたことで逆恨みし、クラスメイトを扇動したことがわかりました。

が、きっと、自分の母親が私を褒めたけれども「どんなに嫌な奴か、お母さんはわかってないんだ!」という怒りのやり場を失って、やるべきことをやったんだと思います。


そのおかげですっかり私は自己肯定感が底辺まで落ち、ますます誰かに認められなければならないというスパイラルにはまって行ったのです。


一方で、私のことを高く評価してくれる人もたくさんいて、心のどこかで「私はそんな人間じゃない」と自己否定し、だんだんとバランスを崩していきました。


34歳で息子を出産したものの、夫との価値観の違いに衝突が絶えず、「おまえ、どこか変なんじゃないの?」という言葉に傷つき、私は普通と違うんだ・・・と病んでいきました。


親しい人から幼少期のトラウマや前世で追ったトラウマが影響することがあると聞き、偶然出会ったのが「前世療法」というブライアンワイス博士の本でした。

ワイス博士の直接のお弟子さんが日本にいると知り、たどり着いたのが大槻麻衣子先生です。


麻衣子先生のセッションで、幼少期退行、前世退行をした際に、驚くような奇跡が起きました。

私が一番傷ついた母の行動と催眠で向き合ったその日の夜、母から突然電話が来て、そのことについて急に謝罪をしてきたのです。


私は、自分が癒されれば、自分とかかわりのある人にも癒しが起きるんだ!ということがわかり、本当にその時の驚きは今でも忘れられません。


時は経ち、息子が不登校になり、あちこちの専門機関を渡り歩いても全く解決策どころか原因さえわからず、再び麻衣子先生の元を訪れ、コネクションプラクティスで一気に解決に向かった、という出来事がありました。


もう一度自分もセラピーを受けたい、と伝えたら、「だったらあなたがセラピストを目指したら?」という後押しを頂いて、その2年後にスクール生となりました。


ヒプノセラピーで自分自身がここまで癒され、成長出来たからこそ、このセラピーを心から信頼し、みなさんにも癒しの機会をサポートしていきたいと思っているのです。

まだまだ成長の途中ですが、ひとりでも多くの方と関わり、セラピストとして成長していく覚悟ですので、どうぞ温かく見守って頂ければと思います。


また、セラピーを受けに来てくださった方のために、全力で寄添っていくことをコミットメントさせて頂きます。


誰かを変えるより自分が変わることで、あなたの周りに癒しの機会がもたらされることを、是非是非体感しに来てくださいね!


愛と感謝を込めて☆