節分。立春。潮目が変わる時。

セラピストゆうこです。


2月に入った瞬間、めちゃくちゃ体調が悪くなりました。

 

体調だけじゃなく、気持ちが重たくて、呼吸が浅くなって、何をするにも億劫で。


特にお腹の調子が最悪でした。


すると、周りにいる人たちも、コロナは陰性だったけど。。。。といいながら、ひどい風邪の症状で寝込んでいたり、私と同じようにメンタルに変化があったり。

 

 

それが、2月2日になると、ケロリと気分爽快になりました。


なんだこれ?


って思ってよーく観察すると、特に根拠はないのだけれど、2月2日を境に潮目が変わった気がしたのです。

 

節分や立春が変わり目であるには違いないのですが、私の中では2月2日が分岐点のように感じました。

 

そして2月3日4日にはスムーズに次のステージに入っていく感じ。

 

 

みなさんは1月末日と2月1日の体調を思い返してみて、どんな調子でしたか?




この潮の流れが変わる時に、それまでいろいろと準備をしてきた人とそうでない人とでは、ちょっとこの先差が出て来そうな気がします。


準備をしていないからダメなのかというと、そこまでこの世は冷たくありませんので安心して下さいね。


スタートはもたつくけれど、必ず立て直せます。



そのために何をすべきなのか、ですよね。



私はとにかく、計画の鬼になろうと思っています。



コロナで実際の行動は制限されますが、未来への仕込みにはいいチャンスでしょ?


なので、55歳になるまでの1年4ヶ月の間に、何を成すのかを具体化していこうと思っています。



今の小さな積み重ねが未来の自分を作る。


そんな当たり前すぎることを、一緒にしていきませんか?



ヒプノセラピーは、ただ過去を振り返るわけではありません。


そこから、生まれて来た意味を知り、生きるヒントをもらいます。


トラウマを解放すれば幸せになれるわけではありません。


どう幸せになるのかを刻みつけて行くこともヒプノセラピーに出来ることのひとつです。



節分、立春。この分岐点。今日のあなたと明日のあなた。


見た目には何一つ変わらないかもしれないけれど、確実に、内なるあなたはその変わり目を感じています。



そんな内なる自分の声を聞く時間を取ってみませんか?